借金返済生活

借金返済生活は苦しい

お金のある範囲内で暮らすのと、借金を抱えて暮らすのでは借金生活の方が圧倒的に大変だと思います。
人からお金を借りれば返さなければいけないので、そういった心理的圧迫感は、ただお金がないという貧乏生活よりもずっと苦しいものになると考えられます。
元本を返すだけではなく、利子も付くので借りた以上のものを返さなければならないというのもかなり大変だことだと思います。

 

銀行にお金を預けても、すずめの涙程度の利子しか付かないのに、ひとたびお金を借りたらとんでもない利子が付いてきてなんだかものすごく理不尽な気がしますが、世の中そういう風になっているので仕方ありません。
何も考えずにお金を借り続けていたら、どんどん利子が増え続けてその利子を返す為にまたどこかで借金しなければならない事態に陥りかねません。

 

きちんと返せるという計画がない場合は、借金地獄のループから抜け出せなくなりますから、しっかりと計画的な返済計画を考えた上で、なるべく借りなくていいなら借りないという方針でやっていく方が、結果的には楽に生きられると思います。
今すぐどうしてもお金が必要だということもあるかもしれませんが、まずお金を借りる前に他に方法がないのか最後の最後まで探すことをおすすめします。

 

 

借金生活に入るとめちゃくちゃ後悔するけれど…

人間ってだらしないもので、借金返済生活に入ると安易にお金を借りてしまったことをめちゃくちゃ後悔するのです。
しかしそれが私のダメなところでその時は目の前の欲望に負けてしまって、そして気軽に借りてしまうのです。
そして自分自身のキャラにもあわないようなかなりストイックな生活をしていくのですけれどね。

 

しかしながら借金をする以前は、まあだらしない生活をしてしまうのですよね。
とくにお金にはだらしないという…。
そして目の前の欲しいものに負けて借金をしてしまうのですけれど、ま〜あ返済は大変ですよね。

 

毎月の支払いが5万円って結構苦労しますから。
とは言え、借金生活上級者に言わせてみれば、5万円の返済金なんて軽いものかも知れません。
けれど、実家暮らしでもない若め会社員からしましたら、結構な金額ですからね。

 

ですから借金生活がスタートされたらかなりきりつめて生活しますもん。
コンビニの数百円の商品だって躊躇するようになってしまいますから。
それぐらいしないと借金返済はあっさり遅延してしまいますからね…。
まあそれならばそのストイック生活で貯金を作ってそして欲しいものを購入しろという話ですけれど、それが不思議なものでできませんので。

 

 

借金返済は計画通りにはいかないですね・・・

一度目の借金の返済で何も考えずに返していてかなり苦労したので、二度目はちゃんと計画を立てて払ってていました。
しっかりしている人ならわざわざ計画を立てる必要なんてないんでしょうが、私の場合はかなりいい加減なので、ちょっとお金があるとついつい使ってしまうんですよね。
なんとかなるんじゃないかとすぐに思ってしまう性格です。

 

で、結局なんともならなかった為に返済で苦労し、痛い目を見たので二度目は計画的に行くことにしたのですが・・・
これが案外上手くいかないんですよね。
先ほども書いたとおりかなりいい加減な性格なもので、借金返済計画通りなんてことは数少なかったです。

 

しかし、計画をまったく立てなかった時と比べたらだいぶマシではありました。
支払い日ギリギリに誰かに泣きついてお金を借りるということもありませんでした。
最低の借金返済額での入金も無く、支払い日を過ぎてしまうこともありませんでした。
それだけでもかなり成長したからなと思います。

 

もしまた借金することがあったら、今度はもっとしっかり細かい計画を立てて返していこうと思います。
出来れば返済日の十日前にはお金を用意できている状態くらいにしたいです。
そうすればストレスで体調を崩すなんてことも無くなるんじゃないかと思います。

 

 

借金返済に困ったときの相談先

最初のキッカケは小さなものでも積もり重なってくるとどうにも対処に困るのが借金ですよね。
収入は大きく増えることはないけれど、お金を使うのは簡単です。
消費者金融のキャッシングを利用して生活を乗り切った経験もあります。

 

借金返済で困ったときに最も頼りになった相談先は、実は、その消費者金融であったというのは意外かもしれません。
お金を借りている債権者に対して、お金を返すのが送れるかもしれないと申し出るのは本当に心苦しいですよね。

 

しかし、債権者にとってみれば、事情を伝えてくれるお客さまは有り難い存在です。
突然、借金返済が滞り連絡も取れなくなってしまうのが最も困るのです。
その人を探す費用も掛かりますし、事情を聞くにも時間がかかるでしょう。

 

そのような事情もあるので相談してくれたお客さまには対応はそれほど厳しいものにはなりません。
自分の収入に見合った返済計画を立て直してくれましたし、生活の見直しにも相談に乗ってくれました。
全く収入が無いわけではないので支出を抑えて、借金も少しづつ返済し、生活を再建するためのアドバイスを頂きました。

 

もちろん返済に困ってどうしようもなくなったときは弁護士などに相談する必要もあるでしょう。
それほどひどい状況になる前に一度債権者に相談することで道が開けるかもしれません。

 

 

借金返済の救済方法、債務整理

複数の消費者金融から借金をしてしまったという方は借金総額が数百万にまで膨れ上がっている方が多いです。
その場合、月々の返済額が利息だけでも精一杯になり全ての借金を返済し得ることは到底不可能となってしまいます。
消費者金融の利息はおよそ2割〜3割ほどです。
これでは利息分が多すぎるので、低金利の銀行系ローンに一本化するという方法があります。

 

しかし、一本化するためには銀行での審査に通らなければいけません。
審査が通るかどうかは職業や年収などの返済能力が問われます。
信用力がそれなりにいるので、ごく普通の一般家庭では審査に通るのが難しいといえるでしょう。

 

しかし、債務整理というもう一つの方法があります。
これは借金を返すために誰でも行うことが出来る唯一の手段です。
そのためには法律事務所などに借金返済の相談を行いましょう。

 

まずは無料相談からでも大丈夫です。
借金の取り立てで夜も眠れないという方もこれで安心です。
早く不安から解消して新しい人生を歩むことが出来ます。

 

また払いすぎた利息がある場合はそのお金を取り戻すことも可能です。
相談したからといって大事になることはなく、実にスムーズに債務整理の手続きは完了するのでどなたでも安心して相談をしてください。

 

 

自己破産で借金の悩みを解消

複数の業者から多額の借金を抱えてしまっていたり、借金返済の負担に悩んでいる場合んい、ぜひ考えたい方法といえば自己破産です。
非常に敷居が高いイメージが持たれがちですが、実は行っても家族に一切迷惑が掛かることも無いですし、現状抱えている全ての債務をゼロにすることが出来るのです。
破産を申請すれば、業者から借金を取り立てられてしまうストレスとも無縁になります。

 

ただ、自己破産の手続きを行う時は保有している財産を処分する必要があります。
生活や仕事上に必要な道具や家財などはある程度所有していても問題有りませんが、株式などの有価証券、自動車や高級ジュエリーや絵画、不動産や土地などは失うことになります。

 

自分が抱えている債務の総額と、処分せざるを得ない不動産など財産の価値が見合うかどうかを慎重に考慮することも、自己破産では非常に大切です。
持ち家の場合や、家族と一緒に持ち家で同居している場合には、破産宣告後に引越しを行ったり、賃貸の住居へ引っ越す労力や生活の変化を慎重に考える必要性もあるからです。

 

参考サイト:「自己破産とは

 

クレジットカードを持つことは難しくなったり、暫くはキャッシングをしようとしても審査に受からないデメリットこそありますが、借金に縛られることのない毎日を取り戻せたり、金融業者からの催促や取り立てに怯えることなく過ごせる明るい毎日を手に入れることが出来ます。
新たな人生をリスタートさせるための手段として、自己破産は非常に価値ある手続きです。

 

 

借金返済に強い弁護士事務所

街角法律相談所

>>返済生活が苦しいです。<< 

 

借金を減らす手続きをしてくれる相談所や法律事務所を比較できます。
無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。
相談者実績:相談者数2013年9月2043人。
シミュレーターは、名前、住所も不要で、匿名かつ無料で利用できます。

 

 

樋口総合法律事務所

>>返済生活が苦しいです。<< 

 

債務整理・借金の相談窓口、樋口総合法律事務所です。
24h借金に関する無料相談を受け付けています。
全国対応で、初期費用も¥0なので、お手持ちがなくても安心してご相談頂けます。

 

更新履歴